夜勤のメリットは、給料が高いことが1つに挙げられます。
労働基準法では22時~5時の時間帯は深夜労働となり、最低25%の割増賃金を支払うことを義務付けています。
25%というのは最低の基準なので、それよりも多い割増賃金を支払うことも可能です。
また、会社の定めにより22時~5時以外の時間帯で深夜手当てを支払うことも自由です。
労働基準法の定めよりも労働者にとって不利な条件とすることはできませんが、有利な条件にすることならば可能です。
夜勤をすると単純に給料が25%アップすると誤解をしている人もいるので、注意をしておきましょう。
深夜労働の時間帯にだけ、最低25%の割増賃金が上乗せされます。
例えば、時給が1,000円、労働時間が18時~24時となっていたとします。
18時~22時の時間帯は時給は1,000円ですが、22時~24時の2時間については25%の深夜手当てがつき、時間あたりの賃金が1,250円となります。
2時間の残業をして2時まで働いたなら、その2時間については最低25%の残業代も上乗せされますので、時間当たりの賃金が最低でも1,500円となります。
ただし、休憩をはさんだ場合にはその時間の分は差し引いて計算をしましょう。
夏の夜勤では、昼よりも夜のほうが涼しくて働きやすいというメリットを挙げるひとも多いです。
給料が高くなる上に働きやすいとなると、その求人は人気が出るでしょう。
好条件の求人ほど競争率が上がるので、しっかりと面接対策をしておきましょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 多くのメリットがある夜勤業務. All Rights Reserved